むくみ対策,スキンケア用品,ビタミン配合

コエンザイムQ10はコラーゲンも生成促進

コラーゲンは肌を内側から支える事で、弾力やハリを維持しています。
美肌作りには欠かせない成分の一つですが、元々肌にも存在しています。
コラーゲンは美肌を維持する意外にも、関節や軟骨、血管や粘膜など体中で必要とされる成分ですから、体内でも生成されています。

しかし悲しい事に年齢を重ねるに連れて、体の機能は低下していくためコラーゲン生成力も低下してしまいます。
20歳をピークとして考えた時、50歳になった時にはコラーゲン量は半分以下にまで下がってしまうのです。
こういう時にもコエンザイムQ10が役に立ちます。

コエンザイムQ10には肌細胞を活性化させる作用がありますが、コエンザイムQ10も年齢とともにその量は減少していきます。
コラーゲンもコエンザイムQ10にも美肌作りに欠かせない重要な役割があるので、コエンザイムQ10が不足すれば肌への影響が出てきます。

こういう時はコラーゲンかコエンザイムQ10の両方を補う事で、相乗効果が発揮され高い効果が期待できます。
コエンザイムQ10は肌細胞を活性化する作用があるので、サプリメントなどで補えば結果的に肌細胞の活性化ができます。
活動力が高くなれば肌が持っているコラーゲン生成力も高まりますので、徐々に肌のハリや弾力を実感できるようになっていきます。

ここで大切なのは、コエンザイムQ10もコラーゲンも毎日消費されている事です。
一時的に補い不足分を補充しても、次の日には不足していくので毎日補う事がポイントとなります。
サプリメントなら毎日続けやすいですし、水やぬるま湯で飲むだけだから手軽です。

コエンザイムQ10で肌が持つコラーゲン生成力を高めるためには、他の成分も補う方がより効果が期待できます。
コエンザイムQ10は高い抗酸化作用がある事でも知られていますが、ビタミンCにも高い抗酸化作用があります。
更にはコラーゲン生成をサポートする働きがあり、コラーゲンとの相性も抜群です。
コラーゲン生成を促進させたい時は、コエンザイムQ10にビタミンCをプラスしてください。